フルマラソングッズおすすめ12選

日焼け止めスティックのデメリットを克服!賢い選び方も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

全ショップ対象!ポイント10倍

期間限定!本日9:59まで

>>今!注目されているタイムセールはこちら

>>楽天お買い物マラソンエントリーはこちら

お買い得に揃えられる!

【期間限定】ファッションセール実施中!

この記事はこんな人におすすめ

  • 日焼け止めスティックを使ったことがない人
  • 日焼け止めつける時に、手が汚れるのが嫌な人
  • 荷物を、増やしたくない人
  • 人目を気にせず、日焼け止めを塗りたい人
  • 日焼け止めスティックのデメリットを知りたい人

スティックタイプの日焼け止め、気になるけど使いにくいとデメリットあるのかな? 

日焼け止めスティックは直接肌に塗れるので、手が汚れず気軽にいつでも日焼け止めを塗れてとても便利です。

ただ、ムラなくしっかり日焼け止めを塗りたい人は満足できないかもしれません。

この記事では、日焼け止めスティックがおすすめでない人や注意点を解説していきます!

日焼け止めスティックのデメリットを理解することで、より効果的に日焼け止めスティックを使用できるようになりますよ。 

最後まで見て、便利な日焼け止めスティックを使って日焼けに負けない綺麗な肌を作りましょう!

目次

日焼け止めスティックのデメリットは?

日焼け止めスティックのデメリットは?

日焼け止めスティック欲しいけど購入する前に、デメリットやメリットを知りたいですよね。

ばたやん

下記で詳しく解説していくので、自分に合った日焼け止めスティック選びの参考にしてください!

気になる日焼け止めスティックのデメリットはこちら。

塗りのムラになりやすい

スティックタイプの日焼け止めは、ミルクタイプのように細部まで塗りこむのは難しいです。

きちんと塗りこまないと気になる!という方は、自宅ではミルクタイプなどを使いましょう!

外出先の塗りなおしの時にスティックタイプを使うとムラになりにくいです。

リップのようなスリムな日焼けスティックを小鼻や目元に使用するのもおすすめです。

落としにくい

汗に強く落ちにくいウォータープルーフタイプは、石けんで優しく洗っただけでは落ちません。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使う時は、クレンジングを使用して落とすのが安心です。 

ぬりすぎてしまう

無色透明な日焼け止めスティックタイプは、どこに塗ったか分からずに塗りすぎてしまいます。 

特にさらりとした付け心地のものは、注意が必要です。 

日に焼けやすい高い位置から中心に、まんべんなく滑らせていきましょう。

寝る順番を前もって決めておくと、間違って重ね付けしすぎずおすすめです!

日焼け止めスティックのメリット

日焼け止めスティックのメリットは以下の通りです。

下記で、詳しく解説します!

手を汚さずに塗れる

日焼け止めスティックの一番の利点ではないでしょうか?

例えば、スポーツ観戦や海水浴などの屋外にいるときに、日焼け止めを塗り直したくなるでしょう。

スティックタイプであれば、手を洗う場所がなくても簡単に塗り直せます。

スティックタイプなので容器から手に出す必要がなく、直接肌に塗るので手を汚さずどこでも使用できます。

持ち運びしやすい

日焼け止めスティックはサイズが様々で、リップのように小さなタイプもあります。

コンパクトなサイズなので、ポケットやカバンに簡単に収納できます。

荷物を持ちたくない人は、ポケットにも収納できますし小さなバッグでも場所を取りません。 

日焼け止めスティックは持ち運びやすい日焼け止めとして、とってもおすすめです。

部分的な塗り直しに便利

メイクの上から使用できる日焼け止めスティックは、気になる箇所への塗り直しにとても便利です。 

日焼け止めクリームやジェルは、メイクの上から塗るとメイクが崩れることも。

ミルクタイプに比べて、水分や油分が少ないため時間がたってもさらりとした肌が続きます。 

メイクをしている女性にとって特に便利です。

時間と場所を選ばずに使える

日焼け止めスティックは片手で 直接肌へサッと塗れるので 、手が汚れず好きなタイミングで日焼け止めを塗れます。

手が汚れないので、移動中に塗る時にも便利ですよね。 

リップクリーム感覚で使える

日焼け止めを塗る時、人前では鏡が使いにくいので日焼け止めをマメに塗れない人も多いと思います。

日焼け止めスティックは無色のため鏡を見ずにさっと肌に塗れるので、人目を気にせずに日焼け止めができます。

白く浮いたり、ムラにならないところも日焼け止めスティックの良いところですよね!

日焼け止めスティックの選び方

日焼け止めスティックの選び方

様々な形やテクスチャー(塗った時の質感)がある日焼け止めスティックは、好みに合わせて選べます!

自分の肌や用途に合った日焼け止めスティックを、選びましょう!

肌への負担が少ないものを選ぶ

日焼け止めスティックを選ぶ時は「SPF」「PA」にも、注目して選びましょう!

数値が高いほど肌への負担がかかるため、普段使いとアウトドアの時は使い分けもおすすめです。

紫外線吸収剤が入ってないノンケミカル処方の日焼け止めを選ぶのも良いですよ。

使うシーンを考える

日焼け止めスティックは、ミルクタイプのように細かい場所までなじませるのが難しいです。

外出先で日焼け止めスティックを使い、自宅ミルクタイプを使うという使い分けもおすすめ!

おすすめな人おすすめでない人
手が汚れるのが嫌
メイクの上から日焼け止めを塗りたい
リップみたい小さな日焼け止めが欲しい
人目を気にせず塗りたい
ムラなく塗りたい人
長く使える人
コスパ良い商品が欲しい人
日焼けスティックおすすめ・おすすめでない人

自分にぴったりな使い方を研究しましょう!

スティックの幅や形が自分に合うものを選ぶ

日焼け止めスティックの形は様々なので、使用しやすい用途に合わせて選ぶことがおすすめです。

自転車や車の移動が多く二の腕が焼けやすく対策したい人は、 広範囲に一度で塗れる大きな幅のものが良いです。 

鼻周りなど細かい部分を丁寧に塗りたい人は、リップのような小さな形の日焼け止めスティックがおすすめですよ。

以下では部位別にまとめたので参考にしてください。

スクロールできます
部位理由
細め(1~2cm)繰り出し式、ペンシル型顔は凹凸が多いため、細めのスティックでピンポイントに塗る
太め(3~4cm)スティック状首は広い面積を塗る必要があるため、太めのスティックが便利
太め(3~4cm)スティック状腕も広い面積を塗る必要があるため、太めのスティックが便利

クレンジングでしっかり落とせるものを選ぶ

ウォータープルーフの日焼け止めは、クレンジング剤を利用してしっかり落としましょう。

クレンジングを普段使わない人は、石鹸で落とせる日焼け止めを使用すると安心です!

日焼け止めスティックおすすめ5選

コンパクトでとても便利な日焼け止め、おすすめの商品を解説していきます!

お気に入りの日焼け止めスティックを見つけてくださいね。

アクアパラソル ラ・フローラK1 スティック

アクアパラソル ラ・フローラK1 スティック

アクアパラソル ラ・フローラK1 スティック紫外線から肌を守りながら、乳酸菌配合によって「肌フローラバランス」を整えます。

国産コメ由来!「美肌菌」を増やす効果がある乳酸菌「ラ・フローラk‐1」配合されてます。

ばたやん

使い心地が、サラサラです!

SPF50+・PA++++ ウォータープルーフ

おすすめな人おすすめでない人
美肌ケアをしたい人
お洒落な日焼け止めスティックを使いたい人
ムラなく塗りたい人
長く使える人
コスパ良い商品が欲しい人
アクアパラソル ラ・フローラK1 スティックおすすめ・おすすめでない人
Bepelica
¥2,850 (2024/05/21 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\人気商品最大50%オフ/
Yahooショッピング

ジェイエムソリューション 日焼け止めスティック

ジェイエムソリューション 日焼け止めスティック
ジェイエムソリューション 日焼け止めスティック

ジェイエムソリューション 日焼け止めスティックはムラなく塗れるカーブ形状で高密着!

汗や水に強いウォータープルーフで、長時間のアウトドアにも最適です。

ばたやん

しっとりタイプとサラサラタイプを選べますよ!

SPF50+ PA++++なので日焼け対策もバッチリです。

おすすめな人おすすめでない人
しっとりタイプがいい人
汗をかいても取れにくいものがいい人
石鹸で日焼け止めを落としたい人
ジェイエムソリューションおすすめ・おすすめでない人

資生堂クリア サンケア スティック

資生堂クリア サンケア スティック

資生堂クリア サンケア スティックは独自のシンクロシールを搭載し、強い紫外線からお肌を守ります。

資生堂のテクノロジーを駆使した熱や汗、水を味方に!

パッケージも夏らしく、爽やかですよね。

SPF50+ PA++++なので日焼け対策もバッチリです。

おすすめな人おすすめでない人
外でしっかり日焼け対策をしたい人
石鹸の香りがいい人
安い日焼け止めがいい人
アクアパラソル ラ・フローラK1 スティックおすすめ・おすすめでない人
エルメ・ド・ボーテ
¥4,180 (2024/05/21 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\人気商品最大50%オフ/
Yahooショッピング

ビューティヴェールパウダリーUVスティックR

パウダリーUVスティックRは何度塗ってもベタつかない!

フローラルムスクの香りのパウダーinサラサラタイプです。

絶妙なカーブで一度で広範囲で塗れます!

おすすめな人おすすめでない人
肌の仕上がりがサラサラにしたい人
二の腕や、脚にサッと塗りたい人
しっとり感が欲しい人
ビューティヴェール | パウダリーUVスティックRがおすすめ・おすすめでない人

SPF50+ PA++++と日焼け止め対策バッチリです。

プラザ オンライン楽天市場店
¥1,595 (2024/05/21 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\人気商品最大50%オフ/
Yahooショッピング

パーク美白UVプロテクションスティック

parkパーク美白UVプロテクションスティック14gSPF50+PA++++日焼け止めスティック

パーク美白UVプロテクションスティックは全身に使える日焼け止めです。

さらっとした使い心地でUV対策ができます。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルUVスティックです。

国内最高表示値 SPF50+ PA++++のUV対策が対策ができるので。UVカット+保湿スキンケア+薬用美白(しみ、そばかすを防ぐ)の3つの機能が搭載されてます。

パルキエラストア
¥1,980 (2024/05/16 15:57時点 | 楽天市場調べ)

日焼け止めスティックのデメリットのよくある質問

日焼け止めスティックのデメリットのよくある質問

日焼け止めスティックのよくある質問を紹介します。

UVスティックのデメリットは?

細かい箇所へなじませるのが難しい点です。

ミルクタイプと併用して、外出先でUVスティックを使用がおすすめです。 

スティックタイプの日焼け止めの塗り方は?

直接肌に滑らせるように塗ります。

力をいれると肌が傷ついてしまう場合もあるので注意して優しく使用します。

メイクの上からでも使えますよ!

日焼け止めスティック いつ使う?

日焼け止めを塗りたいというタイミングで、自宅でも外出先でも使えます!

手が汚れないので、塗ったあとに手を洗わなくて済むのでとても便利です。

UVスティックの落とし方は?

ウォータープルーフタイプは、クレンジングを使うとより安心です!

日焼け止めスティックデメリットのまとめ

まとめ
まとめ

日焼け止めスティックデメリットと選び方について解説しました。

結論、日焼け止めスティックは正しい選び方をすれば使いやすい日焼け止めです。

日焼け止めデメリットを補うには以下を参考にしてください。

ばたやん

私の一番のおすすめはパウダリーUVスティックRです!

プラザ オンライン楽天市場店
¥1,595 (2024/05/21 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\人気商品最大50%オフ/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次